sk51.log

The Averageman's web log.

Vagrantで、同じLAN内のデバイスから仮想マシンにアクセスする方法


2015年11月27日 Web制作

ローカルで開発しているとどうしても問題になってくるのが、他のデバイスからの見え方です。
しかし、チェックのためにサーバーを借りて、そこに上げて、バグを直しまた上げる…という作業はとても面倒なので、ローカルの仮想マシンに、同じLAN内からアクセスできる環境を構築したいと思います。

構築といっても、Vagrantfileに一行加えるだけで終了です。

1. Vagrantfileの編集

以下の箇所がコメントアウトされているので、外します。

config.vm.network "public_network"

通常は、「private_network」を使用していると思いますが、「public_network」を追加することで、外部からアクセスできるようになります。

2. vagrantの起動

起動します。

$ vagrant up

質問されますので、該当する番号を入力します。

==> default: Available bridged network interfaces:
1) en0: Wi-Fi (AirPort)
2) en1: Thunderbolt 1
3) p2p0
4) bridge0
==> default: When choosing an interface, it is usually the one that is
==> default: being used to connect to the internet.
    default: Which interface should the network bridge to? 1

ここでは、1の「en0: Wi-Fi (AirPort)」を選択します。

3. アクセスするアドレス

起動したら、sshでアクセスし、サーバーを起動します。
ipアドレスは、DHCPで動的に割り振られるので、それを「ifconfig」で見つけます。

$ ifconfig | grep "inet "
inet 10.0.2.15  netmask 255.255.255.0  broadcast 10.0.2.255
inet 192.168.33.10  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.33.255
inet 192.168.1.17  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.1.255
inet 127.0.0.1  netmask 255.0.0.0

上記の場合、「http://192.168.1.17」にアクセスすると、通常作業している「private_network」の「http://192.168.33.11」と同じ内容が表示されます。

Public Networks – Networking – Vagrant Documentation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

CAPTCHA